マンション居住者の高齢化及び建物の経年による“2つの高齢化”が問題になっています。
早急にこれらの問題に取組まないと、管理組合の運営や建物・設備の維持・保全等に
今後大きな支障をきたさないとも限りません。

   
ウェブ アニメーター

【大規模修繕工事】は大丈夫ですか?

大規模修繕工事とは
建物は建った時から劣化が始まります。したがって、マンションの経年劣化等を踏まえ、10〜15年
(一般には12年)を周期として長期修繕計画に基づき、その劣化を修復し、機能性・快適性そして安全性や衛生面等から維持保全、改良まで行う工事のことを『大規模修繕工事』と言っています。

大規模修繕工事の意味合い
マンションは丈夫で長持ちすると思われていますが、手入れをしなくて良いわけではありません。
歳月の経過による劣化現象で、性能・効用の低下や不具合等の発生は、建物や設備が物体として避けられない現象です。マンションの機能を長期にわたって維持しその資産価値を保つことが維持保全計画の目的です。
そして、時間の経過その他により痛んだ屋上や外壁等の建物各部を現状又は実用上支障のない状態までに性能・機能を回復させることを修繕といい、修繕の時期をあらかじめ定め、計画的に実施することを計画修繕といいます。いわゆる大規模修繕工事はこの計画修繕の一環であり、特に維持保全のための修繕のほかに改良の要素も加えた大掛かりな計画修繕を、『大規模修繕工事』といっています。 

  

大規模修繕工事は、マンションを適正に末永く維持し快適な住環境にする事と、マンションの資産価
値を保持することが大きな目的となります。


      

たがたマンション管理士事務所
Eメール:tagata0329@gmail.com 携帯080-4564-1259
Coyright© Office Tagata 2011 All right reserved